人気ブログランキング |

ゲキタク 強いキャラとは、の概念に修正の必要あり

さて、今回のお題。
鎧の巨人イベントでちょっと筆者の中でずっともやもやしていたモノが晴れた気がします。
今までいわゆる「強キャラ」といえばステータスが高く、SPが強く、LSが強く…みたいな感じでした。
当然★3モブとか見向きもされていなかったのですが、今回初期エレンとかサムエルとかのような雑魚キャラと言われていたユニットが大活躍です。実はシスを育てたあたりからぼんやりとは感じていたんですが、はっきりしました。このゲーム、「SPゲージの貯まりが速い単体攻撃SPキャラ」は強い、ということです。
もちろんステージ属性の影響も大きいですが、どう考えても雑魚キャラなはずのシスが実際高難度でやたら使い勝手がよかった理由がはっきりした感じです。とにかく何回も高火力単体SPが撃てる、というのは実に強いわけです。そういった意味で例えば蒼穹クリスタとかも可能性を感じさせるユニットです。

そしてこれらのSP持ちは大抵★3~4の低レアキャラで、入手が楽です。そして★5のレベル75には結構簡単にすることができます。そう、グンタさんにも当然可能性があるわけで、これにアニやモブリットのような所属兵団でSPゲージ速度を高めるLSを絡めるとホントに超高火力突撃型、というより超必殺技の魔法カードみたいな使い方ができるわけですね。ユニット自体は低レアですから普通に出したら全然弱いわけですが、SPだけを考えるなら複数回使えるというのはホントに強い。しかもたいていの低レアユニットはコストが4なので、コスパもよく低レアであることが利点にすらなっているわけです。

…というわけで今後の新ユニットを評価するときは、とにかくSPチャージ速度とその性質が重要になってくると感じました。
現状筆者的にとにかく問答無用で強いなーと感じるユニット、いわゆるあらゆるデッキに入れて主力たりえるユニットというのは、新リヴァイ、ハロベル、スタミン、ユミルの4体だけです。紅蓮エルヴィンは黄金の自分のLSが欲しい場合があるので選外ですがフレ枠で黄金エルヴィンを使うときはありです。これらがなんでいかなるデッキでも主力になるのかといえば、この手のゲームの大きな基盤部分を抑えた性能だからと思われます。それは ①デバフ(スタン) ②戦線維持(ドレイン) ③軽くて強い(ユミル) という3本柱ですね。スタミンについては軽いデバフキャラ、新リヴァイは主力でデバフでLSでバフまで可能というぶっ壊れです。そして唯一無二なのがハロベルの異常なまでの戦線維持能力。大抵のステージは大小巨人が混ざって出てきますので、高火力でデカいのを狩りつつも小さいのを適宜一撃で屠って回復していくため、いつまでも撤退しないでSP使いたいのに帰ってこないなんてことまでザラです。そう考えるとリヴァイは誰にもわかりやすく壊れてますが、ハロベルもいぶし銀ではありますがヘタするとリヴァイ以上に壊れキャラであると思います。実際筆者的には純粋な使いやすさ、全てのデッキに入れるユニットを一体選べと言われたら恐らく新リヴァイよりハロベルを選ぶと思います。長く場に残る、というのはそれだけAPを節約できるということに繋がりますので、渋い視点で見ればハロベルは本当に強い。渋いけど。まあ新リヴァイもSPの範囲とかホントバランス崩壊ユニットではありますけどね。現状この2体はぶっちぎりの2トップ。そして2者ともSP貯まりも速い(特にハロベル)です。

なんか脱線しましたが、こう考えるとやはり今後は低レアの新ユニット実装を期待してしまいます。オニャンコポンとか。

by tmnami | 2019-11-09 04:42 | ゲキタク | Comments(0)

20年以上経った今 どう思うのか


by ナミ